大腸がんは女性が多い?がん保険で安心サポート

女性に多いがんは、乳がんや子宮頸がんだけではないということをご存知でしたか?

女性のがん、というと乳がんを想像される方は多いでしょう。しかし、実は女性に発症するがんの中で、大腸がんが最も多いのです。
男性と女性の割合で見れば、男性のほうが多く大腸がんを発症しています。なぜならアルコールや喫煙を原因とする大腸がんのリスクは、男性のほうがあるからです。
しかし、近年では女性、男性の飲酒や喫煙の差はあまりなくなってきているのです。それに加えて、女性の悩み「便秘」が大腸がんの割合を押し上げているのです。

ではなぜ、女性に「便秘」が多いのでしょう。
腸というのは、消化器官であり、食べることで活動する部分です。見た目にこだわりのある女性なら、多くの方が取り組むのが「ダイエット」です。
食事制限を伴う方法が多いため、その制限が原因で大腸の働きを弱めるのです。つまり、ダイエットがもとで、大腸がんを引き起こす女性が増えているのです。

日常に潜むがんのリスクを知ると、不安になる方もいらっしゃることでしょう。
身近な問題として、がんを知ればがん保険の必要性も感じると思います。
まず、がん保険について調べて、きちんと女性としての将来に向けてライフプランを考えましょう。